給料日前で金欠・ピンチ

給料日前の金欠を乗り切るためのキャッシング方法とは?

給料日前で財布の中身が心もとない時の急な出費って、本当に困りますよね。あと数千円しか残ってないけど、数日で給料日だから何とかやりくりすれば、今月は乗り切れる・・・なんていうギリギリの生活を送っている人は多いと思います。

 

特に独身の若い人にはこの傾向が強いですよね。
しかし急な出費があった場合、みなさんはどう対応していますか?

 

おそらく、友達に借りるとか、親に借りるとかして急場をしのいでいるのでしょう。
しかしそんなことが何回も続けば、借りにくくなってしましますよね。

 

そんな時に最適なのがキャッシングです。

 

キャッシングに少し悪いイメージを持っている人もいるかもしれませんが、キャッシングは使い方次第では、とても利便性が高く、健全に使用していくことが可能です。

 

キャッシング申し込み

 

最近のキャッシングはスピード審査がうりで、即日キャッシングも可能です。

 

ですから、給料日前の急な出費にもちゃんと対応でき、友人や親から嫌な思いをして借金しなくても急場をしのぐことが可能なのです。

 

申し込みは簡単です。あなたの身分が分かる本人確認書さえあれば簡単に申し込みでき、最短30分のスピード審査で、早ければ1時間足らずで契約完了になります。

 

ですから初めてお金を借りるという場合でも、お金が必要になったその日に十分キャッシングができます。しかし、以下に当てはまる場合は審査に通らないことが考えられるので、注意が必要です。

 

借りれないかもしれない人・・・
  • 既に2社以上のキャッシング会社を利用している。
  • 多くの他社借り入れがある。
  • 一度に複数社の申し込みをした。
  • 申し込み時の記載事項に偽りがある。

 

キャッシング申し込みが初めてという人ならば、まず問題はないと考えられます。
しかし、そうでない場合は現在の借り入れ金額がどのくらいあるのか、キチンとした返済を行っているかが重要なポイントとなってきます。

 

また、初めての申し込みという場合も、記載事項に偽りがある場合や、一度に複数社申し込みをして「申し込みブラック」と判断された場合は、申し込み者の信用が著しく低くなってしまうので、記載事項に不備がないかを確認した上で、複数社申し込みをしないように注意しましょう。 

 

 

以上のように、ふところが寂しい時の急場をしのぐためにキャッシングは大きな威力を発揮してくれますが、キャッシングの乱用には気をつけなければななりません。キャッシングは簡単にお金を引き出せますが、引き出したお金は借りたものでチャンと利子をつけて返済しなければならないのです。

 

しかし、キャッシング利用者の中にはこの感覚が欠落して、多額の借り入れをしてしまう人が少なくないのです。そうならない為にも、契約後はキチンと返済計画を立てた上での利用を心がけるようにしましょう。


金欠状態を乗り切るならこのキャッシングがオススメ

限度額

年率

無利息

収入証明書

三菱東京UFJ銀行カードローン
1万〜500万 4.6〜14.6% なし 100万以下不要
じぶん銀行カードローン
1万〜500万 3.9〜17.5% なし 300万以下不要
オリックス銀行カードローン
10万〜800万 3.0〜17.8% なし 300万以下不要

限度額

年率

無利息

収入証明書

プロミス
1万〜500万 4.5〜17.8% 30日 50万以下不要
アコム
1万〜500万 4.7〜18.0% なし 50万以下不要
アイフル
1万〜500万 4.5〜18.0% なし 50万以下不要

 

初めての方は銀行カードローンがオススメ!

上の3つが銀行カードローンで下の3つがいわゆる消費者金融系の大手です。比べてみると金利に結構差があるのに気付くと思います。少額の借入になると上限金利(数値が大きい方の金利)になるので、三菱東京UFJ銀行カードローンが特にお得になっています。

 

しかも銀行カードローンは収入証明書も100万円以上とか高額の借り入れ以外の場合は不要になっているので書類は本人確認書類だけでOKな所も楽です。

 

初めての方の場合やちゃんとお勤めしている方(アルバイトやパートでもOK)はまず銀行カードローンの方に申し込みすると良いでしょう。

超お得な無利息キャッシングで賢く乗り切る!

今ではキャッシングの利便性が受け入れられて、年々キャッシングの利用者が増えていますが、それに連れてキャッシングサービスを提供する会社も増え、各社が独自のサービスを展開しています。

 

最近はやりの即日キャッシングやインターネットサービスもその一環で導入されたサービスです。

 

しかしこれら人気のサービスも各キャッシング会社によってその内容には差があり、利用者の受るメリットも変わってきます。またすべてのキャッシング会社で行われていない独自サービスも見逃すことはできません。

 

利用者によって、そのサービスがメリットになるかどうかという問題はありますが、メリットがあるのならば是非利用したいと考えるのが道理ですよね。

 

ですからキャッシングの申し込みをする場合には、各キャッシング会社でどのようなサービスが行われているのかを事前に調べることが重要です。それでは今回はそんなサービスの中から、絶対に利用しないと損をする無利息キャッシングサービスについて説明していくことにしましょう。

 

無利息キャッシングとは? 

 

無利息キャッシングとはその名のとおり、無利息でキャッシングを利用できるサービスのことです。

 

キャッシングとはすなわち、お金を借り入れることです。
ですからキャッシングしたあとは、利息をつけて返済する義務が生じます。

 

キャッシングは利息が高いことで知られているために、この利息についてはあまり気にせず、申し込みする人もいますが、実際は銀行借り入れと比べれば驚くような高金利の利息が付いています。

 

よって、この無利息キャッシングのサービスはその高い利息を払うことなくキャッシングできるサービスですから、キャッシング申し込みする際には無視できないサービスとなってくるのです。

 

無利息キャッシングを上手く利用しよう 

 

この無利息キャッシングのサービス内容は各社で違っています。

 

タイプとしては利用回数は1度きりですが、利用上限内で、30日以内に返済すれば無利息というタイプと、利用上限を2、3万に抑えて、返済すれば30日間何度でも利用できるというタイプです。

 

これはどちらも申し込み時に1度だけ提供されるサービスですが、キャッシング利用でポイントが貯まるとまた利用できたり、中には無制限で利用可能な会社もあり、各社で提供内容が違っています。

 

まずはどれくらい借りるのかで、どのサービスにメリットがあるか違ってきますので、申し込み時には、自分の借り入れ金額に合わせてメリットがあるところを選ぶようにしましょう。

 

無利息サービスがある会社一覧!

即日融資の申し込みって何時までにすれば良い?

スピード審査で即日融資が売りのキャッシングですが、即日融資を受けたいのならば申し込み時には注意しなければならない重要なポイントがあります。それは申し込みの時間です。

 

即日融資を掲げているキャッシング会社の秘密は、
何といってもスピード審査にあります。

 

通常時間のかかる審査時間を短くすることで、申し込んだその日からキャッシングが可能となるわけです。ですから即日融資を受けるためには審査が受けられる時間帯に申し込みをすることが前提となってくるわけです。

 

審査可能時間はキャッシング会社によって変わってきますが、大体は営業開始時間から午後2時くらいまでの時間に設定されていることが多いようです。ですからまずはキャッシング会社のHP内に書かれている審査可能時間を確認して、余裕を持った申し込みをすることを心がけましょう。

 

確実に即日融資を受けたいのならば

 

キャッシングの申し込みから契約完了までの流れは大きく分類すると、申し込み→審査→契約となります。しかし審査から契約までの間にはキャッシング会社内で、契約書類の作成などの社内作業が発生しますから、審査終了後すぐ契約というわけではないのです。

 

ですからこの社内作業時間も考慮に入れて、申込みしなければならないということになります。

 

申し込み可能時間が2時までとなっていても、即日融資を受けるには2時の時点で契約準備に入る状態となっておく必要があります。ですから申し込み時間ギリギリに申し込むと、審査が間に合わない可能性もありますし、たとえ間に合ったとしても社内作業時間が掛かって、翌営業日に契約ということにもなりかねません。

 

ということで即日融資を確実にするには、早めの申し込みが必須となってくるというわけです。

 

オススメは午前中の申し込みです。

 

これならば十分時間があるので、確実に即日融資を受けることが可能です。

 

インターネット申し込みは気をつけて

 

そしてもう1つ注意しなければならないのはインターネットで申し込みを行った場合です。

 

インターネットでや違約した場合、ATMのようにその場でカード発行がされず、後日郵送でカードが送られてきます。ですから契約日当日は、インターネットサービスを利用してキャッシングすることとなります。

 

インターネットサービスを利用してのキャッシングはカードを利用しないため、借り入れ額が指定口座に振込まれることとなります。ということで銀行営業時間が大きく影響してくるというわけです。

 

たとえ当日契約完了となっても、使用できるのが銀行営業時間外であれば、振込は翌日処理となるので当日現金を手にすることはできません。ですから、インターネット申し込みを利用する際は、銀行営業時間にも配慮した申し込みを行う必要が出てくるのです。